せめて高温焼き戻し品にしろよ!

工房の屋根の修理でナイフをガシガシ使った!
いい仕事をしてくれて、作業も滞りなく終わったが…

かなりガッツリ使ったのでこの有様です。www

ポイントは無くなり、古釘をブチ切ったり、コーキング材を剥がしたりして
ボロボロですが、何も問題ありません。


形は変わりましたがまだまだ使えます。
このナイフは、薄刃なので、カッターナイフ感覚で楽なんですよね



もう一つはTOPSのフォルダーですが…
これが、いまいちでした。
チキリをくぎ抜き代わりに使用したら、曲がりました。


TOPSの改善してほしい所は、材料をNCで削り出すのは良いのですが
熱処理が弱いんですよ。
生の鋼材の必要な部分だけ熱処理するから、関係ない部分は生のままです。

数字だと・・・(/・ω・)/ 
焼鈍しの材料のなら、 HRC27前後です。 
ロール圧延のままメーカー直送なら HRC45前後です。


当然ですが機械加工するので、硬度は低めの材料でしょう・・・
エンドミルの持ちも全然違いますし…

これがですね…ロール圧延品なら、バールにようにソコソコ使えますが…
実際、ククリなんかは熱処理していない叩きっぱなしの物も存在しますし
バールのHRCは45以上55以下なので…

最近のメーカーは分かりませんが、全体を熱処理して部分高温戻しで
ヒートトリートメントしている所は、狂犬くらいなのかもしれません…
  


2018年03月24日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:45Comments(2)鍛冶仕事

大風修理

皆様こんばんは

全く、今年は大雪、大風と酷い滑り出しですね( ・´ー・`)
恐らく、6月とか、ゲリラ豪雨による洪水がありそうですね
あとは、地震か…
台風とか…

車のドアが逆パカパカしたので、修理しました。( ・´ー・`)
工房も、屋根がこの有様なので修理しました。( ・´ー・`)

なので、作業は全くしてません。www



まずは防水シートですわ(´◉◞౪◟◉)



それから、トタンですが・・・
ふんぱつして、ガルバリウム鋼板で行きます。(´◉◞౪◟◉)
通常のトタンのねじり釘じゃなくて、工場建屋と同じビス止めで
風圧対策です。



ネジに一本一本シリコーンコーキング材を付けてねじ込んでいきます。
全部で35枚くらい貼ったんじゃないでしょうか?? 



ガルバリウム鋼板と言っても完全にメンテナンスフリーではありません。
さらに威力をためるために、この上から何らかの厚塗りを…((((oノ´3`)ノ  


2018年03月19日 Posted by ゼロ鍛冶  at 01:15Comments(0)工房作り

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
プロフィール
ゼロ鍛冶
ゼロ鍛冶
※注意事項※    
現在、このブログからの新規での注文は受けておりませんのでよろしくお願いします。 品物が欲しい場合は問屋かナイフショーでお願いします。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE