ベンチメイド・ジャンキー(^O^)/

皆様こんばんは


今日は、大雨警報が出ていました
しかし、早起きしてフィールドに行ってみると、なかなかのゲーマーさんが集まっていました。
雨が降らないうちに、1ゲームこなした所で、本格的に大降りになってきて
弾が当たったのか、雨なのかわからなくなり中止となりました。

筆者は、依頼主様に”みっちゃんブレード”を配達して
溶接機の具合を見るために、気まぐれで製造したメタルターゲットを設置して
2時間もゼロイン&ロング・レンジ・ショットの練習をして帰宅しました。(ゲームには参加してませんw)


帰宅して、刃付けの終わった鍛造テイストのニムラヴァスにグリップを接着していたのですが
接着剤が乾燥したので、仕上げにかかりました。




最近、高速で作業が進み写真撮影を忘れます。
完成品での画像で途中経過は、文書で説明です。

グリップは、アフリカ製のウッドです。 非常に美しいオレンジになります。
最近、筆者の中でマイブームです。


セレーションは独特な、削りで行きました。
4つですが、これでも10ミリのリネンロープを抵抗なくカットします。

グリップですが今回は、40番でピンと平面を出して180番で下目を消して
180番のスコッチをかけて、バフに入りました。(バフはいつものように、はちみつマーガリン♪)

なんか、ベンチメイドの高級クラスに存在しそうな、内容です。
実際には無いですがシルバークラスとか言って喜んでいました。w


で、筆者は製造専門なので、本当の持ち主はこんな感じです。


なんか、同じのがいっぱいあるって見た目が良いですね♪
筆者もはやく、プッコをそろえたいです。


それと、地元で毎年恒例のクラフトフェアが開催されました。
今回は、恩師である先生の所に真っ先に挨拶に行って終了です。w
新作の鍛造ナイフに遊び心が加わっていました。
進化は留まるところを知りませんね。♪


  


2014年06月30日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:32Comments(0)鍛冶仕事

ナイフで必ず経験する事(シース編)

皆様こんばんは



今日の締めくくりは、ひどい結果でした。
2時間もの時間が一瞬にして、吹っ飛び
材料も廃材になりました。

やっぱり、集中力が切れているときに、時間に追われて仕事しても
いい結果は出ませんね…
次回からは、この経験を活かして、もっとクォリティーの高い製品が作るれるように
頑張りたいです。



画像の通りですが・・・
鞘を作っています。
革製のシースです。
しっかり、型紙も起こして、革の厚み分を計算して大きめにカットしたのですが
集中力が切れていて、ベルトループの糸の動線とフィンガーチャンネルのRの計算をミスりました。

なので、エッジが触れて、ベルトループの糸がブッた切れる結果に・・・
すべて、縫い上げて、カシメもプレスしてからこれが起きると心が折れます。
しかも、強度を上げるために、皮は接着剤で強固に固定してあるため
無理に剥がすと、見た目が非常に悪くなります。

そして、寸法が出ていないため、全体的に小さいので作り直した方が早いのです。

あぁ、いつものがら、ひどい結果だ・・・  また挑戦するさ・・・

そして、難易度の高いシースはなるべく避けて、成功率の高いシースの開発も進めてたいところです。
  


2014年06月26日 Posted by ゼロ鍛冶  at 01:28Comments(0)鍛冶仕事

もうじきオイラの工房もにぎやかになる♪

皆様こんばんは


ビールのうまい季節になってきましたなぁ~
ビールもうまいですが、間によく冷えたウイスキーなんかもいいですね♪


さて、今週はしばらく鍛造していきます。
ハラムトラッカーのアンコールも来ましたので、ぼちぼち動きたいところです。


そういえば、クマさん…

  


2014年06月24日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:48Comments(0)鍛冶仕事

みっちゃんブレード⑥

皆様こんばんは


もしかしたら、自分は暗所恐怖症かもしれません。w
っと言うのも、過去に暗闇で大ケガをしてから、どうも手探り状態の暗闇がダメになりました。
皆様は、大人になって発病した恐怖症の類はあるのかなぁ・・・(´▽`*)



さて本題です。
地元ではあまりの性能の高さから知恵のついた人が買占めをやらかし、店舗に欠品が続いた
ボタン類を買うために遥々、1時間、高速をブッ飛ばしてお買い物をしてきました。w
これでしばらく、小物は問題ないです。
最後の、部品が揃いましたのでこれで完成です。

ちなみに、一緒に写っているパッケージブレイカーは
海水で焼を入れたやつです。
塩害で腐食が始まっていたので、勝手に仕上げました。w


パッケージブレイカーの考察になりますと…
海水での焼き入れは、失敗です。
焼が甘いです。 オイル焼き入れよりも質が悪いw
やっぱり、あの海水は邪心が混じっているんだ‼(`・ω・´)

今回、入手したボタンです。
ニッケルシルバーとブロンズとガンブラックです。


ガンブラックは完全にミリタリー用ですな。 最近入荷したのかな??
前は見なかったぞ(@_@)

それから、3インチ フィッシュナーの焼き入れをしました。
一応、炭でも温度を一定に保てばできるみたいです。物凄く長く感じる15分でした。
色的には、黄色になる2歩手前くらいがいいのかな
ビビッて、少し低めで入れました。(T_T)
先端はドンピシャでグリップに近い位置はHRCで57付近です。



ある程度、刃付けをしてから(例のホワイトアルミナで)グリップを作っていきます。
エポキシを使い接着して48時間経ちました。


40番のベルトサンダーで荒削りをします。
瞬く間に、削れて行きます。w
粉じん対策本気で考えないと…



角を適当に丸めて、大雑把に手に馴染むところまで持っていきます。
ちなみに、金属がある部分 峰 腹 ピン は180番のベルトで傷を浅くしておきます。


そこから、180番のスコッチで傷取りと角をボカして、滑らかにしていきます。
そして、320番のスコッチで180番の傷を取り終了です。
ここら辺はマッドドッグのケヴィンさんがやっていた工程ですね。


あw終了じゃなかったw
筆者はこの後、特定のモデルは表面処理に入ります。
はちみつバターと研磨剤が混合された、ヨーロッパ流の表面仕上げです。
この時、下処理が浮き出てくるので、不具合を感じたら180番のスコッチで修正していきます。


本体が完成して、次はシースを作っていきます。
ブレードは3インチでグリップは4インチのモデルです。
ちなみに、3インチ・マグナムだと幅が広がり出刃の様な感じになります。
3インチ・カスタムだとその中間ですね♪

  


2014年06月24日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:26Comments(0)鍛冶仕事

みっちゃんブレード⑤ 完成

皆様今晩は


今日の筆者は、休日出勤でした。
景気が回復してきたのか?
それか、初めから忙しい会社なのか、申し出なければ休日は原則無しの状況です。
ニートだった事を考えると、実にありがたいことです。
それだけ、狂った人生の修正時間が短くなりますが。(^_-)-☆

さて、本題です。

ついに依頼品の、みっちゃんブレード完成‼っと言いたいところですが、
連絡事項です。
ボタンの色が気に入らないので、明日、朝一で買いなおしてきます。w
ここで、はっきりしたことは、ボタンの色の選択はニッケルシルバーとブロンズの2種類しか
筆者は今後、使いません‼  贅沢言うとブロンズで統一したいですが諸事情によりこの2種類で行きます。m(__)m
まぁ、諸事情は置いときましょうw


完成形態です。
シースは、愛用のレザーホルスターと同色のダークブラウン
赤系がお好みという事で、糸はいちばん太いサイズのワインレッドをチョイス!
さて、いかがでしょうか??




少々、余裕を持たせて作っていますので
同じ形状で、太めのブレイドを入れても安心な設計になっています。
表と裏です。 あ~皮用ミシンが欲しいよ~



それにしても、帰宅してウイスキーを片手に仕上げたにしては一発で決まってよかった。w
いつもなら、一つか二つ施工ミスしてシースをポンするのに(-。-)y-゜゜゜
あぁ…タワゴトです 気にしないでくださいw (=゚ω゚)ノ  サケ ノミナガラ シゴトスルノ ヤメナヨ~
明日は、朝からSLDの焼き入れで気がめいっているのですぅ~

それにしても、酔った状態でミリブロ書くと相変わらず、不快な内容になりますな…(=゚ω゚)ノ   ダカラ ノムノ ヤメイ!  


2014年06月22日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:32Comments(0)鍛冶仕事

みっちゃんブレード④

皆様今晩は


最近過ごしやすい日々が続いていますなぁ~(^O^)
鍛造している筆者にはありがたい事です。
そういえば、我が家で最近爆発騒ぎがありました。
うちの親父が、電子レンジを起爆剤にして”沈黙の戦艦”のワンシーンをマジで再現しやがった(-_-メ)
おかげで、3日たっても家じゅう焦げ臭いっす。火事にならなくてよかった…

さてと、本題です。
ナイフ女子から頼まれていた、ナイフの本体が完成しました。


サーモン用のフィレナイフに形状が似ていますね。(^O^)
これから、シースを作っていきますよ~
細かい説明ですが…


まずはグリップです。

材料は、カイデックスを張りました。
形状が特殊だったのでかなり苦労しましたが
もとのスケッチと同じ感じに出来上がりました。

で、作る側に情報提供としまして・・・
この手のグリップを採用するにあたって、表面のパターンになるべく傷をつけずに
加工を終了したいところです。
最も、気を使ったのは、ステンレスパイプを埋め込んだ後の処理です。
グリップとなるべく、同じ高さに持っていくために削り込んでいきますが
キワドイところは面取りカッターで削り下げて行ったりを企んだのですが…
作業工具がクソ過ぎてダメでした。
なので、円錐形の砥石をボール盤に挟んで、掘り下げていきました。

後ろの、△穴はドリルで3点を確保してあとはつなげるだけです。
フライスとエンドミルがあれば2秒なのですが
設備がないので、代わりにボール盤にチェーンソーヤスリを折って使用しました。
暴走することもなく、スムーズに形になりました。


ブレードの方です。

もうすでに、3000番で刃付けされているので、こんな感じです。
フィンガーグループの部分は、鎚目を残してポリッシュしてあります。
意外と渋い感じで個人的には気に入っています。(*^^*)

これをキッカケにお遊びで鎚目テイストのナイフを作ってみてもよさそうだなぁ~♪  


2014年06月21日 Posted by ゼロ鍛冶  at 01:03Comments(0)鍛冶仕事

みっちゃんブレード③

皆様今晩は

やはり、平日は面白い出来事はあまりないですね。
内容も真面目になります。

依頼品のナイフのグリップを接着しました。
接着剤が硬化して、グリップを整えたら本体は完成です。
あとはシースを作って、製品を納入するだけですな…
トータル、8時間くらいかな??
ほかのナイフにもかかわっていたので、時間計算はいい加減です。
出来上がりが楽しみですね♪
もうしばらくお待ち下さい。




来月に入ったら、壁と床を仕上げたいなぁ~
  


2014年06月18日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:59Comments(0)鍛冶仕事

ナイフで必ず経験する事(焼き入れ編)

皆様こんばんは


そろそろ、梅雨明けしてくれてもよさそうな感じですな。
それにしても、最近、筆者はドジってばかりです。
マクミランさんが眉間にシワを寄せて「"(-""-)"ひどい結果だ‼」
っと言っているのが目に浮かびます…
(/ω\) カナラズ ウメアワセスルデ ゴザル


さて、本題です。
日曜日ですが7本立て続けに焼き入れしました。
そのうち、2本が御釈迦になりました。(:_;)

これも貴重な経験ですな。失敗の経験値が多い方が血肉になると鍛冶屋の先生は言っていました。
まずは、このホローグラインドのニムラヴァスとフラットグラインド(マットドッグ・グラインド)のニムラヴァス


焼き入れをして、死んだのはホローグラインドでした。
言うまでもなく、ホローグラインドは薄い個所が連続するので
焼を入れると、ワカメの様に歪みまくります。
今回で学んだことは、炭素鋼の焼き入れで、ホローグラインドは2㎜を下回ってはいけない・・・モノにもよりますが
焼き入れが比較的ゆっくりな、油焼き入れでも悲惨なことになりますから。
現代の鋼材は、物凄く焼き入れ性がいいのですね。

くたばったナイフにさらにダメ押し。
断面は、キレイな感じでした。目の詰まったコンクリートグレイで温度はドンピシャだったようです。

もう一つは、マイクロ・マッド・ドッグです。
砥の粉を塗って、水で焼を入れたらHRC67付近まで行ったのか、ポッキーやセンベイの様に
手で簡単に折れました。(T_T)
次からは、軟鉄で挟み込んだものします。さすがに2度も失敗すると横で見ていた人から呆れられますからw


そういえば、ダークナースウエポンですが
こちらは、焼き入れ成功です。 O1スチールは海水や水でも行けるみたいですね。
ですが、鍛造の時は少し気を使う鋼材であります。
HRC63で製品化しました。


それから、依頼品のナイフその3??
ブレイド3インチ セミドロップ風 ナイフです
鋼材 SLD11 SUS416 サンドイッチ
グリップ グリーンチャコールマイカルタ

この鋼材は、ミリブロ・ナイフ仲間の方々に郵送した素材なので
テストもかねて、実験してうまくいったら製品化してみたいですな。




最近は、工作設備が整ってきたので大体1時間でここまでここまで出来る様になりました。
あとは、焼き入れですが…かなり不安です。
電気炉があれば問題ないのですが、炭火で15Mも温度保持するのは神経使いますな…  


2014年06月17日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:27Comments(1)鍛冶仕事

みっちゃんブレード②

皆様おはようございます


筆者は久しぶりの週末です。
昔なら休みになると、お昼くらいまで寝ていたのですが最近は体内時計が絶好調で
定時になると目が覚めます。(^^)


さて、依頼品のナイフを仕上げていきます。
ナイフ女子から依頼された品物は、ブレードの研磨が終わりひとまず焼き入れ前工程まできました。
最近、燃料の節約のためこの焼き入れ前でかなりのナイフがストップしています。w
あと、数本溜まったら、まとめて焼を入れたいですね。





それから、溶接機買いました。
溶接マジ楽しいです♪
筆者の前世は溶接工だったかもしれません。
まぁ、ホビー用なのでこれをもとに余裕ができたら業務用200VのTIGやMIGのいい奴を購入したいですな。

  


2014年06月14日 Posted by ゼロ鍛冶  at 09:16Comments(0)鍛冶仕事

みっちゃんブレード続き

皆様今晩は

新潟県も梅雨入りして、サバゲが順調にできるか心配ではありますが…
雨なら雨で、楽しみもあります。

バックオーダー作っていきます。
とりあえず。ナイフ女子からの依頼品である〝みっちゃんブレード”の作っていき来ます。w

今回も、鋼材はいつも通りのsks5で行きます。
1/1スケールで印刷して、貼り付けて切り出していきます。
作業台が新しくなり、かなり効率よく作業できるようになりました。

新しく購入したジスクサンダーも良い感じです。
型擦りの作業が、恐ろしく早いです。

今日は2本を作って完成です。



削り出しを終了して、次はブレードのグラインドに入ります。
出来上がりが楽しみであります。
少し、首の部分の強度が心配ですが4㎜ありますから、普通に使用していれば問題ないでしょう。
問題は、グリップとシースですな・・・
来週、少し要望を聞いてみましょう。





こちらは、来週BBQで、通称”新村さん”が肉を焼いている横で
赤めて、海水で焼を入れると意気込んで作った、ミニ・ネックナイフ・パッケージブレイカー
型紙無しの、切れ端っぱしから、ラフグラインドで気の向くままに削り出しました。
普通に、製品にできますてw


今回、職場で培った技術が大いに役立ちました。
ドリルの砥ぎの、熟練度が上がっていて
焼きなましをかけていない、パッケージブレイカーに穴をあけることに成功しました。
また一つ、自分にとっての財産が増えた~〇  


2014年06月08日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:20Comments(0)鍛冶仕事

サバゲ女子はナイフ女子??

皆様こんばんは

最近仕事が、クソ忙しいです。
けど、今までニートだったので願ったり叶ったりです。
いったい、どれくらいニートだったのだろうか…w


さて、趣味&副業&マイライフの鍛冶仕事もヒートアップしてきました。
土曜日に、半自動溶接機を購入してきました。
これで・・・・・・・・どんどん造るぞ~~~!!(武器人間)w

ヒートアップといえば、スローングナイフも仲間と再燃焼し始めて、かなり上達してきました。
まぁ、スローイングナイフ自体は8歳からやっているので、筆者の手にかかれば、ほぼ何でも・・・w


さて、本題です。w
行きつけのフィールドによく来られる、女性ゲーマーの方から、ナイフの依頼を受けました。
BBQでも使用できる、実用的な一本をということですが…
サバゲ=アウトドアで非常に屋外活動に密接に関係してると思う筆者です。
ともあれ、ナイフに臆することなく理解を深めるその姿勢は素晴らしいものがあります。

そして、作るにあたって、必要なのは1/1のスケッチです。
これが、マスターであり、型紙であり、罫書き線です。
なので、スケッチしてきてもらいました。


ファンタジーの匂いがプンプンするナイフです(^^)♪
これが、最も大切なことで原石なのです。つまり原点であり宝です!!

筆者がいつしか、捨て去ったモノですな…
今は、よほどのことがない限り、筆者はデザインをしません。
というか、できなくなりました。
なぜなら、作り手に回ってしまったからです。 
複雑なナイフは、製造するときに、時間と工程や難易度が上がり、鋼材の歩留まりも悪くなる傾向にあるため
知らず知らずのうちに避けてしまい、スケッチブックは同じような形状の無難なナイフでいっぱいになりました。
なので、現在はイラストレーターの知り合いにほぼ全部任せています。
この複雑な形状で、作り手の事は一切考えず、フィーリングとセンスに任せて
描かれた、ナイフこそ個性です。
その人が描くマンガには筆者が作ったナイフがいくつか登場するはずですがw
それはさておき、ぼちぼち作ります。

ってか、バックオーダー溜まりすぎで自爆&パンクしそうだ~
誰か助けて~w  


2014年06月04日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:54Comments(0)鍛冶仕事

< 2014年06>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
プロフィール
ゼロ鍛冶
ゼロ鍛冶
※注意事項※    
現在、このブログからの新規での注文は受けておりませんのでよろしくお願いします。 品物が欲しい場合は問屋かナイフショーでお願いします。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE