サンタさんからの贈り物

皆様こんばんは

日曜日のCQB倶楽部さんで、サンタの唐草人様よりクリスマスプレゼントを頂きました。

何でも、実家を片付けている時に出てきたとの事です。


15kg以上はあるかもしれない鉄塊です。
唐草人様の実家は昔はノコギリ鍛冶だったそうです。
(偶然にも当てずっぽうで言ったら当ってしまった!?w)

ともあれ、コレは当時使用されていた金床のようです。
問題は、50年以上も昔から存在する極めて昔の鉄である点です。
その昔、鉄は恐ろしく貴重でした。
修行を終了して独立する際の、道具立てを揃えるのもそういった都合から
簡単ではなかった様です。
昔の鍛冶屋で、大量に鉄を使用したのは金床でしたので。

昔の鉄に関する知識ですが、筆者はそれほど豊富ではありませんが
まぁ、間違いなく現代では製造困難な物のほうが多いみたいです。
古き良き、古代の鉄の良さを味わった人は、決まって「昔は良かった」と言います。
おそらく、無いものねだりな所もありますが。
それは、値段となって付加価値が付いて製品となってますね。

さて、本題に入ります。
50年以上!?もしかすると80年以上!? つまり第2次世界大戦が始まる前から
存在したこの金床ですが、腐食が進んでいません。
インドのデリーの鉄柱みたいですね。
土間で土に埋もれていた可能性が高いと想像しますが、土との境界線もありません。
昔の鉄は、不純物が低いと先輩から聞きましたが、それが腐食を遅らせているのか…
表面の錆を落とせば、すぐにでも第一線に復活できる代物です。
錆び落としついでに、火花試験をして見ました。


意外と炭素を含んでいるようです。
火花は、オレンジっぽくては離れたところで花が咲きます。
それまでは、スッと伸びる感じですな。

ここで、大昔の“錬鉄”と火花を比べると似た様な出方をしました。
しかし、硬さは比べ物になりません。
錬鉄はまるで、亜鉛ダイキャストを削っているように軟らかく切削できます。


次に、日本刀の材料になる玉鋼と火花を比べて見ましょう。
明らかに、出方が違います。 接触した根元から線香花火のように激しくスパークします。
写真では、火花がボケてつながっていますが実際はもっと派手です。


今回、試験に使った破片です。

で、肝心な金床は一体何で出来ているかですが…
炭素0.55%前後で、推測するに最も古くて1898年つまり明治31年頃には、コレがあった可能性がある??
年齢は115歳かぁ!?  


2013年12月25日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:31Comments(1)鍛冶仕事

作者病気w

皆様こんばんは

最近、アメコミが続々と映画化されていますが
その、本家のクォリティが残念すぎるw
日本のレベルが当たり前になってから、アレを見ると衝撃を受けるなぁ~

もしかして、映画化すること前提で描いてないか!?
実写化することによって、本来あるべきクォリティになるような感じがするのだが…
でだ、まぁ新しいところで言うとアベンジャーズかな??
次回作品も気になるが…

そこに、登場するジェレミー・レナーが役を演じるホークアイ

問題なく、クールな役柄だ。他のヒーローに紛れて目立ち過ぎず
かといって、地味で無くツボを抑えている。

それがだ!!
何をどう間違えれば、原作はこのような変質者になるのか…

ヒーローの第一条件その①ってやつで、素顔は明かさない!?
しかしだな~街中でこんなコスプレで弓を乱射して、果してヒーローの枠に入るのだろうか??

ウルヴァリンも原作は、酷かった…
黄色い全身タイツのマッチョなオッサンが鉤爪出して暴れてるから~
それらを見ていると、ヒーローは世の中に溶け込むのに苦労してると窺えるw
だれか、親切に教えてあげないのだろうかw
ヒロインも“一緒に居ると恥ずかしいからあっちに行って”などの
セリフをはっきり言う人がいてもおかしくないと、想像する。  


2013年12月08日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:27Comments(0)雑記

< 2013年12>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
プロフィール
ゼロ鍛冶
ゼロ鍛冶
※注意事項※    
現在、このブログからの新規での注文は受けておりませんのでよろしくお願いします。 品物が欲しい場合は問屋かナイフショーでお願いします。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE