設備投資

出張は明日でオシマイっと・・・(;´Д`)ヤレヤレ

それにしても流石、磨きの町だ・・・
特注で加工依頼した品物が出来るの速すぎる。
一昨日、プーリーを注文してそれが今日到着と同時に
シャフト径に合わせた加工やら何やらを終了したと連絡が入った。

ネットで注文するよりも確実で速いし、細やかな注文が効くので
恐れ入った・・・(;´Д`)


さて、軸受系は問題なくパーツが揃った。
残るは台座とモーターとVベルトだが・・・
台座は作るし、Vベルトは同じ店で注文すればいいだけだが

モーターは一番値段が大きいので慎重に検討する必要がありそうだ。
会社で使用しているバフレースが、1.5kwのモーターを搭載しているが・・・
それと同じにするのは、何も考えなくて良いので一番楽だ。

しかしだ・・・(=゚ω゚)ノ
個人趣味レベルで、本当にその出力が必要か?? である(;´Д`)

だけども、1kwのベルトサンダー相手に本気で研ぎに入ると
素手で止める勢いだし・・・

0.75なんて、オモチャな予感が…(;´Д`)

インバーター??(=゚ω゚)ノ  プーリー比見直し⁉  (;´Д`)

取り敢えず、中古機械漁ってから考えよう…
その前に、ブレイカー確認だな((((oノ´3`)ノ

  


2017年04月27日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:12Comments(0)工房作り

改装と設備投資

皆様こんばんは


ナイフショーが終わって、ゆったりできるかなぁ~~
なんて思っていましたが…
甘かったです(;´Д`)

恐ろしく忙しいです(T_T)
今まで、ホムセンの4000円シリーズの電気ドリルに
バフを付けてチマチマやっていたのですが
不可能レベルなので、改装して工房を広げ
設備投資してバフレースを据え付けます(T_T)

今日は仮組などをしていました。


まだ、プレス機とか移動しないといけないので
取り外しできるようにしてあります。
2畳くらいのスペースは楽に確保できたと思います。



オーバーホールも開始します。
これに、土台とモーターが付く段取りですが…



平ベルトタイプだったので、Vベルトに変換します。
あと、ベアリングや軸関係もメンテしましたが
こちらは問題無さそうです。
プーリーが来るまで、オイルプールに沈めておきます。



あぁ、なんでこんなに忙しいのだ(T_T)
主力は全滅したって言ったろ~~( `ー(; ・`д・´)イギィィィ~

  


2017年04月23日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:09Comments(0)鍛冶仕事

屋外仕様完成‼‼

やっとこれで、仕事できる(;´Д`)
長かった・・・
そして、SUP舐めてた・・・
っと言うより、作者の能力が無かっただけ・・・(T_T)
今度は大丈夫‼‼
納得いく熱処理にまとまった。



シリーズ最大で最重量
500g超えるので鉈として使えます。
厚みは一番厚い部分で7.3㎜



シースも完成!
もちろんウッドシースにサンダーストームパターンの
バーニングシース


  


2017年04月19日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:58Comments(0)鍛冶仕事

ナチュラルセレーションという新しい技術

今までのナイフに搭載されているセレーションは
専用の砥石で、溝側から研磨し刃付けしていたが
これは、その溝と同じ規格の道具が必要だった。
また、溝の反対側から砥ぐ場合は溝が無くなると
セレーションの能力が失われるという弊害が発生していた。

今回、お遊びから抽出したこの技術は
セレーションの限界を引き上げてくれる可能性が
現れた瞬間である。



内容的には鍛造で整形した鎚目である。
切削でセレーションを切るのと少し性質が異なる。
そこだけ、凄まじい密度になっていると思うのだが…
最大の弊害は、この処理がかなりマニアックであり
一部からは、”キチャナイ”と不評がある(;'∀')ア~ワ




砥ぐのは通常の砥石で、裏からベタで砥いでもらえれば
勝手にセレーションが、どんどん成形されて行く。(-。-)y-゜゜゜
表に出たカエリは、物を切って除去するか青棒を塗った
ベルトで優しく撫でてやればOKだ。



さて・・・もう少しで釣りや山菜の時期だから
カランビットの様な物体を作る予定だが…
気になる人は、オーナーメッセージで・・・

  


2017年04月19日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:40Comments(2)鍛冶仕事

サクラブレードショーより

皆様こんばんは


ナイフ仲間の方の御厚意により
委託販売という内容にてお願いしました、筆者ですが
実に有意義に感じました。(^。^)y-.。o○
これは、始まりです。
今後が楽しみです(≧▽≦)

  


2017年04月17日 Posted by ゼロ鍛冶  at 20:21Comments(2)鍛冶仕事

マテリアルショー行ってきた

皆様こんばんは


地元でアップリサイクル関連のイベントが開催されたので
行って来ました。
マテリアルショーとも呼んでいます。w(*´▽`*)仲間内で…

今回購入したのはこれで全てです。
マイカルタ材100円とか
ドイツ製カーボン繊維とか・・・
国産のヤスリとか…
スプリング鋼とか・・・(=゚ω゚)ノ





次の日は、サバゲ仲間の方より鋼材のてんこ盛りが届きました(≧▽≦)
これだけあれば、乱舞できます(≧▽≦)
早速使いましたよ!



で!一つだけ、デカイ間違いをしました(T_T)
この場を借りて、謝ります。(T_T)御免なさい・・・
前に、ショックアブソーバーのピストンロッド(シャフト)は
軸受鋼だと言いましたが、あれは間違いです。

時間を取って調べた結果、JIS規格ではS35C~S45C品で
ニッケルorクロームメッキが施されています。
ASIS規格だと1035~1045で同じく表面処理されている物です。
火花試験では、表面のメッキの影響か少し変な火花が出ます。

ある程度切り込むと火花は落ち着き、花はやや大人しい散り具合です。
刃物を作るのには向きませんが、バールや冶具を作るのには最適です。


  


2017年04月16日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:06Comments(0)鍛冶仕事

LT俺もう限界だ・・・




お遊びが大事ですよ~~~‼‼‼(´◉◞౪◟◉)

  


2017年04月16日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:01Comments(0)鍛冶仕事

週末はブレードショー

詳細は、現物で♪
コラボモデルNo.1














  


2017年04月15日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:52Comments(0)鍛冶仕事

はたいて、曲げた

今回いい勉強になりました。
お遊びがいかに大事か身をもって痛感(;´Д`)
普段いかに、お遊びが足りないかって事ですね(T_T)

もっと柔軟な思考を養わなければ・・・(/ω\)

さて、こんなの作りました。
お遊びです。


プロトタイプなのでこれから、工程や形状を見直していきます。
これはこれで終了ですね(´◉◞౪◟◉)



鍛造毛抜きですが(^。^)y-.。o○
いつもながら、プロトタイプから次世代に進化した時の
内容が全く別物で、前奴が欲しいと言われることも…(;´Д`)コレクション??



今の状態(例)…(;´Д`)


改良し問題点をクリアしてアップグレードされた製品例(=゚ω゚)ノ


分かりやすく説明するとこんな状態です。w(;´Д`)



(´◉◞౪◟◉)ワカリヤスイネ!   (*´▽`*)ヨカッタ!


  


2017年04月11日 Posted by ゼロ鍛冶  at 01:20Comments(0)鍛冶仕事

桜ナイフショーに・・・

我々はこういう奇抜なアイテムを操るのは、大得意だ‼‼(+_+)
航空支援が火を噴く時が来た…



ボクの専門はこちら。
まだ公開できない情報もありますが、ショーが終わればアップします。
それでは、会場で…


コラボ製品も注目です(≧▽≦)

  


2017年04月09日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:27Comments(2)鍛冶仕事

スプリング鋼ナイフ靭性テスト

詳しい説明はあとでしますね~~\(^o^)/
これから、作業に行くのでしばらく音信不通になります。


まずは動画を見てね♪

  


2017年04月09日 Posted by ゼロ鍛冶  at 11:23Comments(0)鍛冶仕事

日本刀の入札鑑賞会に行って来ました。

2日にサバゲ仲間の方のお誘いで、
日本刀の鑑賞入札会に連れて行ってもらいました。(≧▽≦)

詳しくは・・・いつもお世話になっております。
唐草人 様のページにて(≧▽≦)
新潟県カラダヨ(=゚ω゚)ノ マチガウナ!

http://karakusa.militaryblog.jp


あぁ・・・幸せ(*´ω`*)



私目線で、日本刀を選ぶとしたら・・・
重ねが厚く、身幅の広いタイプを選びます。
地金が強く、深みのあるものが好みです。

これには、理由があり・・・(*´ω`*)安直ダナ((((oノ´3`)ノ

まず、重ねが厚く身幅が広いと言う事は
当時も持現代も貴重な玉鋼を沢山使っていると言う事になります。

(´◉◞౪◟◉)欲張リ~~
             (*´▽`*) シコタマ ツカウデゴザルヨ~~

次に、厚くて、広いものは鍛えも、研磨も大変な物であります。
(=゚ω゚)ノ 作リ手泣カセ~~

     ヽ(^o^)丿 ボク クラナイヨ☆

以上の理由から、ごく標準的な長さであれば
重ねが厚く、身幅の広いものを好みます(^。^)y-.。o○
モノ作り経験者の目線からですが…
それ以外にも、書ききれない理由がありますが・・・(≧▽≦)


  


2017年04月05日 Posted by ゼロ鍛冶  at 20:49Comments(0)雑記

接着剤威力

意外と使用しているナイフメイカーさんが多いみたいですね。
実績はあるみたいです。



これなら、行けるかもしれない((((oノ´3`)ノ イッグヨ~~~~

  


2017年04月04日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:23Comments(1)鍛冶仕事

アピールが重要

ブログの方だけでなく、これからYouTubeでも積極的に
自分の作品をアピールして行くぞー‼‼\(^o^)/


  


2017年04月01日 Posted by ゼロ鍛冶  at 12:07Comments(0)鍛冶仕事

セルフカスタムですよ~

参考例ですね(^。^)y-.。o○

そういえば、そのような問い合わせも頂いていたような…(/ω\)


ワイヤーや銅線で編んだ場合は
インティグラルのネックナイフのような剛性になります。
通常は、バネ感が楽しめます。(^。^)y-.。o○


手芸コーナーで染色された麻紐を巻くと
自分だけの一本になりますよ~(^。^)y-.。o○
シースも木材なので、簡単に切ったり張ったりできるので
難易度は、小学生レベルの工作です(^。^)y-.。o○

  


2017年03月30日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:11Comments(0)鍛冶仕事

ラストスパートかな

皆様こんばんは


今日はVG-10の熱処理してました(;´Д`)
取り敢えず、10本まとめて・・・(=゚ω゚)ノ
量が多くなると、業者熱処理料金もバカにならないので
あと、往復の運賃も・・・

今の熱処理事情は分からないけど、3日から一週間くらいで
手元に届くのかしら??

熱処理に関しての最大の疑問は…
例えば、業者が温度管理した中で熱処理したもの
(焼き入れ、サブゼロ、焼き戻し)が100点だとすると

自宅で熱処理したものは一体、何点になるのかと言う所だ・・・
もちろん、数字で表示し目に見える状態で温度を確認して
ある程度は自宅でも熱処理している。
硬度は同じように出ているし、問題無く使用できる。
数年間使用しているが、突然クラックが入って折れたり
曲がったりする事もない。
大雑把に言うと、機能を満たしている感じだ。


さて明日から、仕上げに入ります。

  


2017年03月20日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:03Comments(0)鍛冶仕事

生存報告

皆様お久しぶりです。

しばらく、静かにしていましたが死んだわけではありません。
ブログもメッセージも寝る前に、目は通していますよ~~(´◉◞౪◟◉)

それから、古釘踏んで貫いたところは、回復しました。
傷は塞がった、破傷風無しという意味です。
部分的に肉が盛り上がって、強く圧迫すると突っ張る感じが
残っていますが、日常生活に影響はないです。w(*´▽`*)


影響があるのは、砂肝食べて、奥歯が砕けた事です(;´Д`)
最近の散弾はタングステンのタイプもあるので、噛み砕こうなんて
考えちゃダメですよ‼‼( `ー´)ノ



明日からまた出張なのでしばらく静かになりますが
宜しくお願いします!(;´Д`)  


2017年03月12日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:30Comments(0)IFAK (ファーストエイド・キット)

もう少しだよ♪

ハードストックイメージもあと少しで完成♪




もう少しだ(/・ω・)/ガンバレ ガンバレ

  


2017年02月26日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:35Comments(0)鍛冶仕事

アート情報

素晴らしい作品に出会いました。

作家  池山れい 


天然素材の木材を使用し日本伝統の藍染で作品を手掛ける
アーティストさんです。

お気に入りに、登録したので気になった方は見て下さい。


  


2017年02月21日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:11Comments(0)アート関連

フォルダーナイフのハードストック作る①

皆様こんばんは


ナイフショーに向けて、毎日コツコツと品物作ってました。
一番大変だったのが、フォルダー関連ですね。
初めてなので、ハードストック作るのですら
ヒーヒー言ってましたw(;'∀')


図面を引ける人は、その段階で前工程の基礎が
しっかりしたものとなるのですが、私にそのような
高等技術はありません。
せいぜい出来てスケッチです。
違いは数字が有るか無いかですが・・・w(-。-)y-゜゜゜

スケッチを、一工程進めるとこんな妄想になります。


次に、これを基に3次元にするため
軟鉄やステンのプレートに、写し取り形にしていきます。
この時、細部まで追い詰めないのがミソです。
なので、恐ろしくクソな物体がお目見えになります(@_@)
この段階では、まだこれでいいのですw(*´▽`*)ア~ワ


そこから、細部を鍛造して整形して行きます。
アクション部分は、ほぼ未加工の状態です。
指導をして頂いた方曰く、フォルダーは引き算。との事です。



次に、グリップを作ります。
こちらもハードストックなので
適当な材料と適度な仕上げで終わる感じです。
材料は、ドラム缶をカットして、鍛造して間に合わせます。


ジルコニアベルトは強いですね・・・



取り敢えず、組み合わせて形にしました。
ハードストック一本目です。(/ω\)



この状態から、問題点を掘り起こして改善案を含めた
新しいデザインを起こします。



GOサインが出たハードストック。
最初のテーマであるフィレ形状は変更せずに
肉と魚に対応できる形状に、アレンジしてみました。(-。-)y-゜゜゜




  


2017年02月20日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:15Comments(0)鍛冶仕事

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
ゼロ鍛冶
ゼロ鍛冶
踏み込んだ質問や、注文の方は、オーナーメッセージからお願いします。   
※注意事項※    
日本語が出来ない方や、意思疎通に不具合がある又は意味不明な言動をする方は、返信しません。  刃物を正しく利用でき、連絡がスムーズに行えるお客様との有意義な情報交換や注文の場としたいです。      
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE