9月ってアレなのか!?

なんか9月って災難が重なるなぁ~"(-""-)"

まるで、台風が邪神を運んできているようだ…


眼鏡壊れて、作業が~(;´Д`)



奥歯も砕けて、使い物にならず(;´Д`)



まったく(-。-)y-゜゜゜ クソ台風め!  


2016年09月20日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:01Comments(0)IFAK (ファーストエイド・キット)

ついに発売だー!!

皆様こんばんは


自分は、市販品のナイフは滅多な事が無いと
購入しないです。
構造の勉強とか、素材の持ち味とか
デザインで集めているのは一種類と言うか
ホーソンさんだけですが…

で、今回のネタですが
ブレードショーで紹介されていた。
TOPSからの新商品です。
待ちに待っていました!
ついに発売されます(≧▽≦)
値段も発表されました。
意外と手ごろですね♪



まぁ、これが発売されたら構造を勉強して
オイラもフォルダーデビューすると決めていたので
そんな感じで、待っていました。
TOPSならそこそこ、丈夫に作ってくるので
その辺の、タフネス試験なんかもアップしていきたいと思います。

ちなみに、ロック機構があるフォルダーを作るか??
っと言われると、未定です。
ロック機構が入るだけで、求められる精度が跳ね上がるので(;´Д`)  


2016年09月14日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:33Comments(0)雑記

ダマスカスキッチンナイフ

皆様こんばんは

岐阜の刃物祭りまで1ヶ月くらいになりました\(^o^)/
今年は色々な出会いがありそうですね♪

さて、去年ナイフショーで購入した
VG-10 ダマスカスの材料を仲間から分けてもらい
売り物の三徳包丁を作りました。



今までは、鍛造でランダムな模様を出していたのですが
今回は真逆な方法で模様を出しました。
ひたすら、ボール盤でボーリングしていきます(;´Д`)



この状態から鍛造して、ボーリングの穴を平面になるまで
潰していきます。(=゚ω゚)ノ虫退治
鍛造後は荒れた肌が消えるまで、磨いていきます。


こんな感じの状態になったら
熱処理します。 この状態でも模様は確認できます。




熱処理は、業者に出さずに自分でやります。
最近どういうわけか、炉の温度が安定し始めたので
この期を逃す手はありません(≧▽≦)
最低10分温度を上下させずにホールドして
最終的に、1070℃でオイル焼き入れして、200℃で戻しました。
今までは、ステンレスのラミネート材でラッピングして熱処理していたのですが
温度の様子が良く分からないので、耐熱性の砥の粉を塗って
肌を保護して熱処理しました。
これと言って、スケールが付く様子もなかったです。



熱処理が終わったので、後は研磨です。
前もって、模様を確認できたので
ここはストレスなく行きます。
メインは耐水ペーパーにサラダ油付けて砥ぎます。
鉱物油は病気になってから控えています。



エッチングは、塩化第二鉄でも模様が出ますが
濃度管理があいまいで、鋼の腐食が激しいので
今回は、熱サンポールを使用しました。(=゚ω゚)ノ
洗剤や酸性の薬品を加熱するのは、自己責任でお願いします。



ん? 細かな傷も溶けて消えたか?
いい感じになったのであとはグリップ付けて
刃付けして完成です。(^。^)y-.。o○プカプカ
サンポールって、あまり鋼食わないのか??



  


2016年09月07日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:21Comments(0)鍛冶仕事ダマスカス

お勉強

皆様こんばんは


土日は気温がヤバい事になっていました。
途中で降った猛烈な豪雨が唯一の救いでしたが
ハクサイはほぼ全滅した感じがします(;´Д`)


さて、冶金学の事は相方に任せっきりですが
古代種の鋼材をメインで使用していることもあり。
昔の文献を参考にしてみようと購入しました。

なかなか面白い事が書いてあって勉強になりましたね。




そんな話の延長線ですが
ベアリングから、刃物を作ってみました。



いつも、鋼材の雨を降らせてくれる仲間が
革細工をやっているので、その材料を利用して
お遊びしてみました。


高クローム鋼の為、かなり独特な感じでしたが
叩けないこともない。
ただし、鍛圧は強めなので・・・
庭先鍛造でやるのは、道具が無いと厳しい




  


2016年09月04日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:18Comments(0)鍛冶仕事

実りの季節だね♪

皆様こんばんは

これと言って深い内容ではないです。
新しく、農業のカテゴリーを追加しました。

うちも、はやくて4日から稲刈り開始かぁ~(;´Д`)



また今年も、鋸鎌作れんかった(T_T)ヒドイケッカダ・・・  


2016年08月31日 Posted by ゼロ鍛冶  at 19:56Comments(0)農業

作り直すぞー

皆様こんばんは


さて、台風の動きはどんなかな・・・

ヒューマンエラーで、一から作り直すことになりました。
今度は、頭の厚みが無くならない様に
全部取れる、材料配置で…(*´ω`*)
けど、刃の部分は密度を高めるためにやっぱり叩きますw

  


2016年08月29日 Posted by ゼロ鍛冶  at 20:30Comments(0)鍛冶仕事

台風の影響??

皆様こんばんは


今日は、台風の影響で風が強く
鍛冶仕事はできませんでした。
代わりに、天気が良かった為
鋼材を頂きに行きました。


メインは車のスクラップ材です。
今回は、軸受系がメインです。
あと、珍しい物としてベアリングが手に入ったので
初! ベアリング鋼の刃物を作ります(≧▽≦)



久しぶりに、炎天下に出たら日射病になっていた(;´Д`)
ウルトラ具合悪い・・・
寝不足も関係しているかもしれない・・・
タンクトップだった為、日焼けした場所がスゲー痛い(T_T)
後半、呂律が回らない&意味不明な言動を連呼していた(´◉◞౪◟◉)ベロベロ
その症状全てを、台風由来の低気圧の影響だと
思い込んでいたのが恐ろしい(;´Д`)  


2016年08月28日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:41Comments(0)鍛冶仕事

みんな、手が大きい・・・

皆様こんばんは

今日は台風の影響で、朝から悪天候で
接着剤の乾燥スピードが遅かったです(;´Д`)

作業はメインで、シースやグリップを作っていました。
ミリブロナイフ仲間の方より詳細な作り方を航空支援して頂きました。
松材を利用して、グリップ作りの練習をします。




卓上バンドソーでも、無いよりマシですねw
荒目の刃に取り換えると、マイカルタ材もザクザク行きます。
その代わり、曲線は切れません


切り取りが終了したら、寸法を出していきます。
ここまでは順調です。


型スリがを終了しました。
なんか・・・グリップが大きいですね・・・(;´Д`)



初めてなので時間が掛かりましたが図面の通りに
角を丸めて、ハンドルを整形しました。



こんな感じで良いかな・・・(;´Д`)
なんか、グリップが余ります(T_T)
指が届かないよ~(´;ω;`)オオキスギル~



このブレードサイズだと、オイラでは扱えないので
少し、予定変更です。(T_T)
グリップを、両手持ち仕様にするため延長しました。
あと、私は手が小さいのでスリムにしました。


これなら、腕くらいの青竹なら
スッポンスッポン行きそうかな(/・ω・)/ イッグヨ~


グリップ比較です。
約7cm延長しました。
これ以上スリムにすると、鋼材がはみ出る限界です。
コンシールドタングの穴が中央に位置する為
目釘穴に使用できる感じです。


  


2016年08月28日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:18Comments(0)鍛冶仕事

問1

この弓の張力と最大飛距離を算出せよ。(-。-)y-゜゜゜





なんか、刃牙でこんな場面有ったなぁ~(;´Д`)  


2016年08月19日 Posted by ゼロ鍛冶  at 19:34Comments(0)雑記

マッドドッグの焼き入れ

皆様こんばんは


お盆休みも終了ですね(;´Д`)
意外と早かったです(*´ω`*)
あと、2週間くらい休みが欲しいです。

さて、今回の記事は勉強がメインとなります。
以前、ミリブロナイフ仲間の方より頂いた品物を
実験にしました。

正式な名前が分かりませんw
本元は、グランドZEROとかクイーンになるのでしょうか??
スエッジより先が熱処理後に「くの字」に曲がっていました。

O1スチールは熱処理のやり直しが効く鋼材なので
もう一度、焼鈍しした後に、矯正も兼ねて鍛造して
組織が不均一な部分を分散させました。
その後、安全策を取ってもう一度、焼鈍しをかけました。
ここまでが、前回までのあらすじ・・・

今回は、これを熱処理します。
コークスを充填した炉の中に貫通するように鉄管を通します。
何本もまとめて熱処理するので、私は長持ちするコークスを使用していますが
火の回りが穏やかで、ムラなく回るのは炭ですね。
本数が少なく、燃料を注ぎ足す必要が無いなら木炭で行きたいものです。



最初は天地を逆にして、肉厚がある峰から熱します。
峰の温度が、ある程度高まったら
薄い刃先を熱処理温度に持って行きます。
それによって、峰と刃先で硬度差が生じます。



あまりの高温で、鉄管が融解していましたΣ(゚Д゚)ナニ!
ナイフの熱処理を終わった後、焼狂いが発生していなかった為
感極まって頭が狂って火を消さないで、どっかに行ったオイラのミスですw






問題はこの後ですね・・・・
オイラにはこの作品を仕上げるグラインドの技術がありません。(T_T)
その技術が熟すまで、オイル漬けで無期限保存です。(´;ω;`)ブワ
ちなみに、ヤスリをかけた硬度の感覚だと
峰のHRCは56で 刃先は60~62付近でしょう(=゚ω゚)ノ
グリップは、焼が入っていないのでその気になれば加工できます。
あ~佐藤さんのマネが出来んじゃないか~w (´◉◞౪◟◉)イグよ~  


2016年08月16日 Posted by ゼロ鍛冶  at 20:57Comments(2)鍛冶仕事

ケブラー繊維に立ち向かうO1スチールのサルキリ

皆様こんばんは

今日は一日雨が降っていました。
鍛造は張り切ってやりましたw(*´▽`*)
熱処理も炭素鋼は終了しました。
ステンレス鋼は後回しです。w


以前、金属工学の本を読み漁っていた時です
防刃繊維を加工する専用の刃物の話で
ケブラー繊維に立ち向かうHAP40のラシャ切りという内容がありました。
HAP40この鋼材は、マテリアル・ハイスです。
ちなみに、ラシャ切りを知らない人のために・・・
これは、洋裁用の布切ハサミです。(=゚ω゚)ノ

で、今回のネタですが・・・
突き刺しはともかく、切断にはかなりの抵抗を発揮する
ケブラー繊維です。(+_+)
テコの原理で切断する、機械式の切断刃と違い
ナイフの様な単純な切断で切れるのかと疑問に思いました。

テストの内容は、引いたり叩いたりせず
自分の体重を乗せていって、切れる所で切れると言う内容です。
ちなみに、私の体重は52kgです。 
完全に体重が乗った場合は、ナイフの上に浮遊している事になります。





結果は、動画の通りですが
実際はかなりの収穫がありました。
どちらも合金鋼ですが、添加元素が違います。
鍛造で、組織を微細化していても含まれている
元素の違いで、結構差が出るみたいです。

ちなみに、SKS-5が切れないと言うわけではありません!
O1よりも、髭を剃った時に滑らかなのはSKS-5の方でした。

  


2016年08月16日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:52Comments(0)鍛冶仕事

DUTYナイフ

皆様こんばんは


今日は、催促されていた動画作りをしていました
前よりはサクサクと編集が進み意外と早くアップできました。

品物は、モンキーレンチナイフです。
実は、この工具に使用されている鋼材なのですが・・・
いい加減なので、非常に特定や判別が困難です。
ですが、ポイントがいくつかあるのでメモ書きしておきます。

①何も書かれてないが特殊元素が添加されている鋼材
表面の刻印が、drop forgid とかになっていたり
heavy duty と記載されている。

これについては、火花試験での鋼材特定が困難である。

内容的に、カーボンが0.30~0.45で
そこに、クロムやバナジウムやマンガンやモリブデンが
微量ながら添加されているかもしれないが、微々たるものなので
火花として表れにくい・・・
しかし、オイルで焼が入り実用硬度になる。
水焼すると、焼割れするものがある。
これは、特殊元素の恩恵で焼き入れ性が向上しているからかもしれない。


②何も書かれていない。何も刻印されていない。
これについては、ラベルにS45Cとか記載されていたりするが
新品以外は、見分けるのが困難である。
オイルで焼き入れすると、実用硬度よりやや低い
水で焼が入る。  高確率で中国製の安物に多い。


③本体に添加元素が記載されている。
この工具は信用できる。値段も高いが
一番無難である。
国産で添加元素が刻印されている
工具は、付加価値が高い。


焼き入れ用の液体だが
専用の焼き入れオイルの代わりに
実験で、サラダ油を使用したが問題なかった。
元が食品なので、調理用の刃物を作る時にも安心できる。



  


2016年08月14日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:15Comments(0)鍛冶仕事

運転中にGO!

お盆休みもあと半分です
さて、今月のログはどんな感じかな・・・




≫ゼロ鍛冶 ミリブロ ゼロ加治 zero鍛冶 zero鍛冶屋
多少、有名になってきたのでしょうか??(*´ω`*)

≫ブッシュクラフト 装備  ブッシュクラフト装備  ブッシュクラフト キャンプ
ブッシュクラフト キャンプ  ソロ ブッシュ ソロキャンパー

シーズン的な事もあり、ブッシュクラフトやソロキャンプ関連の
内容が多いです。
最も重要な装備は、毒虫&その他虫対策です。
有意義な時間を、意図的に妨害してくるので装備を整えるなら
そこから始めるべきですね。

≫ナイフ女子
最近は、後継者不足からハンター女子が増えつつある。
その人たちからの依頼の延長線上がナイフ女子と言う事だ。

≫コンパウンドボウ
欲しいねぇ~(-。-)y-゜゜゜ 

≫アサヒ ブレイザー
現代ではプレミア物だが、設計は古い。中身APSなので
パーツは豊富

≫レザー ワッシャー ハンドル メンテナンス
皮用の栄養剤や防水材などを使用すると良い。
グローブなどのメンテナンス用品を参考に(=゚ω゚)ノ


≫バークリバーブログ
正直このメーカーの品物は形状が簡単なので
買うくらいなら作る!
しかし、メーカーの製品を収集しているコレクターなら話は別だ。

≫カランビットナイフ 使い方
ダグさんに聞いてくれ(-。-)y-゜゜゜

≫ぷっこ ナイフ
昔は好きだったが、今はもっと高性能なナイフが
手に入ったから、過去の物になってる。

≫鉄筋でナイフを作る
これは面白いゾ! オイラは今でもやっている。

≫モーラナイフ スウェーデン鋼
ボーラーさんから鋼材提供を受けているのかな??

≫鍛造 柳刃包丁 自作
難易度高いな・・・(;´Д`) これが出来たら独立できるよ(=゚ω゚)ノ

≫ダマスカスナイフ エッチング 自作
武生鋼材さんが丁寧に教えてくれます(^。^)y-.。o○プカプカ

≫ロシアンナイフデザイナー
トロスキーさんしか知らない(*´з`)

≫zero鍛冶屋販売
オーナーにメッセージを送る。からどうぞ!
最近はゴーストが多いので面倒になってきた(;´Д`)
お得意さん以外はナイフショー販売オンリーに限定しようかと
企んでる・・・

≫フルタング 肉抜き
肉抜きすると、場合によっては強度が低下するので
使用用途を良く考えてデザインする事!

≫火花試験 scm
これは重要! 結構難しい。 低炭素をベースにして
各種元素を微量に添加しているので、火花試験の難易度が
爆発的に上昇する。 元の材料の使用用途を考慮して
火花を見て、それからリメイクする品物を決める。

≫T12a鋼
100均の鉄鋼ヤスリ鋼材で中国製のインチキsteel

≫トラクター 爪 鉈
形状をそのまま流用すると、なかなかいい食い込みになる。
鋼材は、低炭素構造用鋼材の仲間なので長切れはを
考える方のはやめた方が良いw

≫マキリ アイヌ 販売
刃物の値段よりも、伝統的な彫刻が施されたシースの方が
価格を上回ると言う刃物。 たとえブレードがダマスカス系列でも
結果は同じ。 鋼材費など微々たるものさ(-。-)y-゜゜゜

≫カスタムナイフ砥げない
スキルを身に付ければ何も恐れるものは無い。

≫鍛造用エアハンマー中古
本体と基礎工事合わせて、軽の新車買えますよ(=゚ω゚)ノ


  


2016年08月13日 Posted by ゼロ鍛冶  at 21:14Comments(2)雑記

等価交換?

皆様こんばんは


お盆休みを大型連休並みにするために
土曜日を等価交換に捧げたので
週末が短くなりました(T_T)

今日は、ナイフメイキングの動画を
撮影しようと張り切って始めたのですが・・・
三脚カメラ一式と一緒に階段から落ちて
作業になりませんでした(T_T)
カメラはGショックなので無事でしたが
あちこち、体や三脚部品などが壊れ
修理していて一日終わりました。(*´ω`*)


作業の合間に・・・
梅干し先生は日光浴\(^o^)/
今から、カットレモン5切れと
梅干し3つを口の中に入れるのを想像する‼
(´◉◞౪◟◉)スッパ!




作業台も手を加えました(=゚ω゚)ノ



今まで継ぎ足し三昧だった道具掛けも
ここにきて、新しくしました。
最初から、完成品を作るのは困難なので
廃材を利用してその場しのぎで作り
核心を突いてから、一気に仕上げにかかるスタイルを採用してます。




カイデックスと、建材を利用して
カメラ用のホルダーを作りました(;´Д`)
その場しのぎですが
降っても動かなければOKですw(/・ω・)/ ナイフと一緒

  


2016年08月07日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:26Comments(0)雑記

はたいて、ねじる

ふと思った・・・
精度はともかく、このくらいなら作れるかもと・・・

技術として、持っていても損は無いな(^。^)y-.。o○プカプカ






  


2016年08月04日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:52Comments(0)鍛冶仕事

ナイフだけじゃないよ!

皆様こんばんは


過労から、咽頭炎が悪化して扁桃腺が腫れるという
何ともアホな結果になりました(;´Д`)
おかげで、インフルエンザの様な症状で
ダウンしていました(T_T)
ダメ押しに、毒虫に目を刺されて
医者に行ったり、右往左往していました(T_T)

ガッデム産業カレンダーの影響で
一日しか、無い貴重な休みは寝坊で幕をあけました・・・


さて、気温が高いので喉が渇きました(=゚ω゚)ノ
ビールでも飲みますか(^。^)y-.。o○

前回はコルク抜きを作りました。
今回は、栓抜きを作ります。
信頼と実績のコイルスプリングで・・・



このネタわかる人いますか??



伸ばして、先端を縦方向に圧縮して厚さを増します。
結果的に9Φ→11.5Φに頭をします。


溝加工
ここが、かかり口になります。


いい感じに喰らい付いています(^。^)y-.。o○
はやく飲みたいよー!


峰はネジネジ(=゚ω゚)ノ
デザイン的にも美しく行きましょう!



熱処理します。
最終ステージだ!(≧▽≦)



風呂上りに立て続けに2本も行っちまったぜ(≧▽≦)
先端のRがとんでもない、テコが効いて
カランビットの様に回して、小指で開けれますw



これは、もうお嫁に行きます・・・
blacksmith style に理解あるお客様の元に・・・
thank you very much! (^O^)/


  


2016年07月31日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:14Comments(0)鍛冶仕事

道具を鍛造した

皆様こんばんは

う~んエアコン壊れてるのかなぁ~
熱くて寝れませんなぁ~(;´Д`)
なので、ブログ書きますw


依頼品を鍛造した残り火で
少し道具を作りました。
最も径の太いコイルスプリングを使用します。




伸ばすのが大変でした(;´Д`)



赤めて寸法通りに曲げます。
この工程は、意外と楽しい(*´▽`*)



金床と同じ幅にしてセットできるようにしました。
この冶具は、品物を叩いて曲げる時に使います。
今回の斧を作る時、グリップを曲げる作業で使用しました。



あと、中国製のゴミ屑をリメイクしました。



やっぱり、折れた(;´Д`)
仕方なく、もう一丁出してきて2個イチで作りましたw



これは、箱バシと言って
横に材料が逃げない構造なので
タングを掴んで、ブレードを鍛造したりするとき
威力を発揮します。

  


2016年07月25日 Posted by ゼロ鍛冶  at 01:58Comments(0)鍛冶仕事

forging axe ・・・

皆様こんばんは

7月も終わりに近いですね(;´Д`)
一年が恐ろしく早いです・・・


さて、この週末は久しぶりに
大物を鍛造しました。



切出しが大変だったので
鍛造もビビってたのですが
SKS-3 は鍛造性が良いですね(≧▽≦)
餅のように伸びます!
ランドールが、メインでO1を使うのも分かる気がします。

せっかく、スペースを広げても
農業用の肥料や道具に一瞬にして侵食されます(;´Д`)



一日一本まったりと鍛造しました(^。^)y-.。o○



2日目は問題点を削ぎ落として、無駄なく動けたので
鍛造時間は大幅に短縮されました。\(^o^)/
気が付いたら、豆が・・・(;´Д`)

身に覚えが無い・・・
左手は軍手していたし
鎚を振る手でもない・・・

あ! 軍手が悪いのか・・・w

  


2016年07月25日 Posted by ゼロ鍛冶  at 00:15Comments(0)鍛冶仕事

グロ注意 またやっちまったw

皆様こんばんは


今日は風が無く大変でした(;´Д`)
そういえば、地元のアウトレットショップが倒産して
中身を大量放出していました。
どれも酷い物ばかりですが
10円~20円とか
工具100円~なんて感じなので
買ってきました。

これは改造目的で購入しましたが
中国製のゴミ屑です。
金属自体は、鉄筋棒と同じ感じです。



特筆すべきゴミ屑ポイント!
頭溶接してあります。
ここからもげる(;´Д`)




コントロール・デバイス・ツールが手に刺さった(T_T)


  


2016年07月23日 Posted by ゼロ鍛冶  at 23:21Comments(1)鍛冶仕事IFAK (ファーストエイド・キット)

ステンレスの鍛造

皆様こんばんは


今日は気が付いたら、朝から何も食べずに
一日中作業していました(;´Д`)
水分は補給していましたが、夏バテ始まったかなぁ(;´Д`)


依頼品の作業を終了して残った火で
お遊び品や小物を鍛造していました。
これは、勉強も兼ねて、自分用になる予定の
アンチウッドナイフです。
削り出しで、作れるのはここまで・・・
刃物祭りで筆者が入手できた最大のVG-10です(T_T)
ここから鍛造で、元の材料以上の大きさに広げていきます。



ステンレスの鍛造は温度管理が重要と言われています。
炭素鋼の温度と違うのでメーカーさんや
先生に確認するといいでしょう。


鍛造が終了したところで問題発生です。(T_T)
焼割れが多発していました。

クラックなんか、折れているのと一緒だ‼(+_+)
どこまで、侵食しているのか、モンキーレンチで
少しずつ、折っていきます。
あと、カットサンダーで問題のある箇所は切飛ばします。



最初は、低温で叩いたのが原因かと思いました。
なので、黒体放射で色が認識できる所で
絶えず鍛造していました(T_T)
何度も何度も、赤めて~
やっていて、鋼がバカになって行く感じが~(;´Д`)

しかし、これも違いましたね(=゚ω゚)ノ
温度帯が高すぎるのか!?とも思い
今度は、炭素鋼の焼き入れ温度付近で作業してました。
これでも、まだクラックが発生するので
問題ある箇所を、切断したりブチ割ったりした訳ですよ(-。-)y-゜゜゜


で、低血糖のオツムをフル稼働させて出した結論が
空気焼きが入ってるでしたΣ(゚Д゚)

峰の厚みが刃先の2倍以上もあるので、薄い刃先が金床や
空気中に熱を奪われて、硬化し収縮率の違いで
引っ張られて、刃先がクラックしてました。
この現象は、アクビをするようなクラックなので特徴的です。

それから、クラックの入った箇所を全て切飛ばし
温度に注意しながら、クラックを補修するような
鍛造をして、形を整えました。

もちろん、この後の焼き鈍しも重要になるので
いつもは、灰やおが屑で鈍しをする所
炉内で十分に温度と時間を取りました。

ヤスリは、ザリザリかかるのでいい感じになってるのかな・・・



  


2016年07月18日 Posted by ゼロ鍛冶  at 22:50Comments(0)鍛冶仕事

< 2016年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
プロフィール
ゼロ鍛冶
ゼロ鍛冶
雨が降ると俄然張り切る鍛冶屋のブログ。    素人目線からだと錬金術に近い事をやっているらしいが、自覚が全くない。w  むしろ、親方たちの方が錬金術師だ。w
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE